住宅ローンを組む前に知っておかないと損することをまとめました。

住宅ローンを借りる前に知っておくべき3つのこと

年末に住宅ローン控除を申請する

住宅ローン組んでマイホームを買ったら確定申告の必要があります。

通常確定申告という作業は勤め先が一括してやってくれるところが多いですが、家に関しては多くの場合、自身で手続きが必要です。

特にマイホームを住宅ローンで買って間もない若い夫婦の人などは、確定申告の仕組み自体がわかりません.

だから最近はこういったお客さんを対象とした確定申告セミナーのようなイベントを金融機関主催で税理士を招いたうえで、定期的に開催しています。


そもそもなぜマイホームを買って確定申告が必要なのかという問題ですが、通常働いたお給料には所得税がかかります。

そしてその所得税は通常は会社が支払い、給与は支払い済みの額が振り込まれているはずです。

しかし確定申告には払いすぎた税金を返してもらう効果もあります。

一般的には省エネ住宅とか、太陽光ソーラー発電システムを採用した家などは国が決めた省エネ住宅という位置づけである為、これらの施工にかかった費用を還付金という形で返してくれるのです。

例えるならエコカー減税のようなものです。
 

これが住宅ローン控除といいます。


ただこの住宅ローンの控除を受けるには年収の制限や住宅ローンの組んでいる年数などから、いろいろと条件が複雑にあります。

一度最寄りの税務署または、金融機関が確定申告シーズンの直前、つまり1月下旬くらいから2月中旬くらいの間に積極的に開催する確定申告セミナー等に足を運び、税理士に直接相談された方が良いでしょう。