住宅ローンを組む前に知っておかないと損することをまとめました。

住宅ローンを借りる前に知っておくべき3つのこと

住宅ローン金利の固定と変動

住宅ローンの金利プランには大別して2つの金利プランに分けられます。

一つは固定金利、そしてもう一つが変動金利と呼ばれるものです。

また最近では一定期間まで固定金利で設定し、数年後からは変動金利にシフトするといった金利プランも誕生しています。
 

固定金利と変動金利のメリット&デメリット

まず、この固定と変動の良い点悪い点の説明からですが、固定金利は住宅ローンを組んでから、完済するまでの期間ずっと同じ金利で払い続けていくというものです。

特徴として変動金利よりも、若干高めの利回りになっているのが難点です。

ただ金利の底値で住宅ローンを組めば、非常にメリットが大きい反面、景気拡大期のような時に固定金利で組んでしまうととんでもない高利回りで住宅ローンを組まなくてはなりません。

だから、固定金利は組むタイミングが重要です。


一方変動金利の場合は世の中の景況感を見ながら金利が定期的に変動を繰り返していくのが特徴です。

高い金利の時に住宅ローンを組んだ人が世の中の景気が悪くなり、徐々に住宅ローン金利が低下していくことで、家計への負担も軽くなるという事が起きます。

またその逆も起こりえます。

つまり変動の場合は世の中の景況感と一緒に自身の収支も変動するような人に向いている金利タイプです。


そして最後は一定期間固定金利、以後変動金利へシフトと呼ばれる金利タイプです。

これは一般的に3年と5年、そして10年の3つの期間のいずれかを固定金利にし、それ以降は変動へシフトするというものです。

景況感が停滞している時はこの金利プランおススメです。

変動へシフトしたタイミングで景況感が悪化し金利低下した場合はこれまでの金利よりも下がりますが、逆に読みが外れれば金利は上がり負担は増します。